優しい食卓
テーブルウェア大賞

■部門1 大賞・経済産業大臣賞  仄皮足付盛皿「四季草花」  山内泰次さん

部門1 大賞・経済産業大臣賞作品
テーブルウェア

毎年2月開催の東京ドーム「テーブルウェア・フェステバル」。2018年は2月4日から2月12日まで開催されました。
「テーブルウェア大賞〜優しい食空間コンテスト〜」は3つの部門で構成され、その中に「テーブルウェア・オリジナルデザイン部門」があります。


部門1 入選作品

この部門は、食器のオリジナルデザインを対象にしたコンテストです。

審査基準は次の点です。
1.実用性(使いやすさ、親しみやすさ等)
2.造形性(造形、色彩、質感、素材とのマッチング等)
3.提案性

審査を通過した各作品の写真と作者のコンセプトを掲載しています。


 
テーブルウェア大賞

■大賞・経済産業大臣賞  初端午を迎えて  菅生美希さん

部門2 大賞・経済産業大臣賞作品
テーブルウェア

「テーブルウェア大賞〜優しい食空間コンテスト〜」は3つの部門で構成され、その中に「テーブルウェア・コーディネート部門」があります。


部門2 入選作品

この部門は、テーマに沿ったコーディネートを募集したコンテストです。
今回のテーマは「祭事を愉しむテーブル」。ひな祭りや七五三など私たちが大切にしたい行事のテーブルです。

審査基準は次の点です。
1.創造性・提案性
2.食空間での調和
3.実生活に活用できること
4.献立との調和
5.テーマが具体的かつ適切に表現されていること
6.基本的なセッティングマナーが守られていること

審査を通過した各作品の写真と作者のコンセプト、さらにプロのコーディネーターの講評を掲載しています。


 
テーブルウェア大賞

■最優秀奨励賞/婦人画報賞  白いパスタが主役  吉岡由美子さん

特別審査部門 最優秀奨励賞作品
特別審査部門

「テーブルウェア大賞〜優しい食空間コンテスト〜」は3つの部門で構成され、その中に「特別審査部門」があります。
2018年はリニューアルされ、「麺を愉しむ“器”コンテスト」と「麺を愉しむ“食卓”コンテスト」で構成されています。


特別審査部門 入選作品

様々な麺を愉しく食べるための「麺の器」のオリジナルデザインを対象としたコンテストです。

審査基準は次の点です。
1.実用性(使いやすさ、親しみやすさ等)
2.造形性(造形、色彩、質感、素材とのマッチング等)
3.提案性

審査を通過した各作品の写真と作者のコンセプトを掲載しています。


 
テーブルウェア大賞

■最優秀奨励賞  ボーノポークラーメン・最高!!  仙石恵子さん

特別審査部門 最優秀奨励賞作品
特別審査部門

「テーブルウェア大賞〜優しい食空間コンテスト〜」は3つの部門で構成され、その中に「特別審査部門」があります。
2018年はリニューアルされ、「麺を愉しむ“器”コンテスト」と「麺を愉しむ“食卓”コンテスト」で構成されています。


特別審査部門 入選作品

様々な麺をおしゃれに愉しめるテーブルセッティングを対象としたコンテストです。 テーブルトップが審査対象です。

審査基準は次の点です。
1.創造性・提案性
2.実生活に活用できること
3.基本的なセッティングマナーが守られていること

審査を通過した各作品の写真と作者のコンセプト、さらにプロのコーディネーターの講評も掲載しています。

本ページ内に掲載の記事・写真などの一切の無断転載を禁じます。