テーブルコーディネートと食空間に興味のある方、ふだんの暮らしを素敵に過ごしたい方、
そんなあなたに読んでもらいたいコーナーです。
今回の「テーブルコーディネートを学ぶ」は二十四節気をテーマとしました。
3月20日の春分より月2回、1年間掲載いたします。
二十四節気とは、太陰暦を使用していた時代、中国から伝わった季節の区分法です。
いまでも季節感を繊細に表現する二十四節気は、俳句や時候の挨拶、
天気予報まで広く使われています。

大暑 7月23日

大暑

<テーマ>  あの頃に戻って

(コンセプト)
学校も夏休みに入り、普段できない経験をするのもこの季節。大学時代に親友と旅し、海で遊んだ夏休みの思い出をもとにデザインしました。基調にしたのは海の青と砂浜の白。久しぶりに集まった学友と、思い出話をしながら食事を愉しむテーブルです

夏の強い日差しが少しやわらぐ夕方からガーデンパーティーをスタート。室内とは違った開放感に、話も弾み、いつしか時はあの頃に戻っているようです。

taisho_01

taisho_02

taisho_03

【テーブルデザインポイント】
色の統一感を重視し、食事しやすいテーブルを心がけています。
花は水が透けて見えるよう、透明なシンプルな器にアレンジしています。ブルーのインテリアストーンを底に置き、水を注ぎます。ミスカンサスを束にしたものを円形にまとめ、デルフィニウム、デンファレなど刺すと水に浮かぶリースが出来上がります。

テーブルデザイン/Photo 齋藤 美由紀
プロフィール* (社)日本テーブルデザイナー協会認定講師、ピアノ講師

一般社団法人日本テーブルデザイナー協会 http://www.ntd-as.jp  写真補正 鹿嶋 美穂子
inyou