テーブルコーディネートと食空間に興味のある方、ふだんの暮らしを素敵に過ごしたい方、
そんなあなたに読んでもらいたいコーナーです。
今回の「テーブルコーディネートを学ぶ」は二十四節気をテーマとしました。
3月20日の春分より月2回、1年間掲載いたします。
二十四節気とは、太陰暦を使用していた時代、中国から伝わった季節の区分法です。
いまでも季節感を繊細に表現する二十四節気は、俳句や時候の挨拶、
天気予報まで広く使われています。

小雪 11月22日

小雪

<テーマ>  少し早めの冬支度

(コンセプト)
街では銀杏が黄色くなり始め、陽射しも弱まる頃。北の国からは冬の便りが届き、わずかながら空には雪が舞います。本格的な寒さの到来を肌身で感じる一方、店先ではXmasグッズがにぎわいを見せ、街も人も浮き足立つ時期です。

shosetsu_01

shosetsu_02

shosetsu_03

【テーブルデザインポイント】
北欧系のアイテムを中心に、カジュアルなテーブルをコーディネートしてみました。明るい色合いの食器はいつでも気持ちをやわらかくしてくれます。
サンタの妖精のような木彫りのお人形。愛嬌のある表情に思わず頬がゆるむTOYです。
ドイツではクリスマス定番のケーキ、シュトーレンを切り分けて。

テーブルデザイン/Photo 黒森 ひとみ
プロフィール* (社)日本テーブルデザイナー協会認定講師、ジュニア・ベジタブル&フルーツマイスター

一般社団法人日本テーブルデザイナー協会 http://www.ntd-as.jp  写真補正 鹿嶋 美穂子
inyou