テーブルコーディネートと食空間に興味のある方、ふだんの暮らしを素敵に過ごしたい方、
そんなあなたに読んでもらいたいコーナーです。
今回の「テーブルコーディネートを学ぶ」は二十四節気をテーマとしました。
3月20日の春分より月2回、1年間掲載いたします。
二十四節気とは、太陰暦を使用していた時代、中国から伝わった季節の区分法です。
いまでも季節感を繊細に表現する二十四節気は、俳句や時候の挨拶、
天気予報まで広く使われています。

秋分 9月23日

秋分

<テーマ>  La moitie de la vie 〔秋の深まり・・・人生の半分・・〕

(コンセプト)
太陽が真東から昇り真西に沈む日、昼と夜の長さがほぼ同じになる日。私は今年、平均寿命半分の年齢になった。人生の秋分である。今まで生きてきた人生と残りの人生が、同じになったわけだ。
夫と共有した時間を反芻しつつ、今後の二人の人生について語る夜のティータイム。

rissyu_01

rissyu_02

rissyu_03

【テーブルデザインポイント】
パリの蚤の市で見つけた結婚の誓いの場面が描かれている皿をトップに置き、その他はアンティークシルバーでまとめました。偶然にも私たち夫婦の結婚パーティは、秋分の日でした。

テーブルデザイン/Photo 藤村 晶子
プロフィール* ACODECO主宰、 (社)日本テーブルデザイナー協会認定講師、 インテリア茶箱クラブ認定特定インストラクター、 日本ヴォーグ社認定フレンチメゾンデコール講師
ホームページ http://acodeco.com/

Photo(テーブル&椅子) 知新 温

一般社団法人日本テーブルデザイナー協会 http://www.ntd-as.jp  写真補正 鹿嶋 美穂子
inyou