テーブルコーディネートと食空間に興味のある方、ふだんの暮らしを素敵に過ごしたい方、
そんなあなたに読んでもらいたいコーナーです。
今回のシリーズは二十四節気をテーマに月2回、1年間掲載いたします。
二十四節気とは、太陰暦を使用していた時代、中国から伝わった季節の区分方です。
いまでも季節感を繊細に表現する二十四節気は、俳句や時候の挨拶、
天気予報まで広く使われています。

3月20日 春分

春分.png

<テーマ>  春の足あと~待ちわびた春の訪れ~

(コンセプト)
春分、自然界では厳しい冬を耐えてきた動植物が活動し始め、生命力が満ちあふれてくる時です。 私たちにとっても新たな出来事に向き合う節目の時。庭の草木にも新芽が芽吹き、花々のつぼみも膨らみ咲き始めます。庭に集う小鳥たちのさえずりも春の訪れの喜びに歌っているようです。

shunbun_01+

shunbun_02+

shunbun_03

【テーブルデザインポイント】
テーブルフラワーは、春らしく、パステルカラーで、軽やかに可愛らしくスイトピーで彩ります。スイトピーのひらひらとした花びらのようにテーブルナプキンもひらひらと可愛らしく。 小さなガラスの小鳥は、テーマの象徴であり、 春に活動しだす生き物のイメージで、春の花に集う小鳥をフィギュアとして使い演出します。 カラーのベースは、春の陽だまりのイメージでイエローと大好きなパープル。 気のおけない友人たちとのランチタイムは、肩肘張らずに遊び心も加えて、そして可愛らしくセッティングいたしました。

テーブルデザイン/Photo 湊 昌子(フード&食空間テーブルデザイナー)
プロフィール* さいたま市浦和にて、日本テーブルデザイナー協会認定校 『Atelier M's』(アトリエ・エムズ)を主宰。 HP http://www.atelier-ms37.com

一般社団法人日本テーブルデザイナー協会 http://www.ntd-as.or.jp
inyou